「ミリタリー・クラシックス VOL.39」、20日発売!

  • 2012/10/19(金) 17:41:21

「ミリタリー・クラシックス」の最新号、VOL.39が明日発売となります!
今回の特集は、
メッサーシュミットMe262
南太平洋海戦です。


ドイツ空軍のメッサーシュミットMe262は、世界初の実用ジェット戦闘機。
第二次大戦欧州戦線の終盤に登場し、米英連合軍空軍の心胆を寒からしめました。
ガランド中将をはじめ、エース・パイロット関連のエピソードも多く、
ドイツ空軍ではBf109やFw190と並んで人気のある戦闘機となっています。

今回の特集では、そんなMe262の名シーンや、開発経緯や運用、各タイプや派生型、
戦歴、関わった人物の評伝を一挙に掲載!
これ一冊でMe262のことがばっちり分かります。

パイロット視点から運用法を解説する記事や、
日本陸軍の飛行第二四四戦隊が、Me262を原型とする「火龍」を装備していたら…?
というイフ戦記なども載ってます。


Me262を女の子に脳内変換した軽小説(ラノベ)風記事もあるよ!
(イラスト:藤沢孝先生)

第二特集は、日本海軍機動部隊の最後の勝利となった南太平洋海戦。
ガダルカナル島を巡る争いの中で生起した、通算4度目の日米空母決戦です。
(珊瑚海、ミッドウェー、第二次ソロモン海戦に続いて)

米空母「ホーネット」撃沈という戦果も挙がり、海戦は日本側の勝利となりましたが、
特集記事では、この海戦に至るまでの経緯、海戦の詳細、登場兵器など解説します。
日本海軍はいかに戦い、いかに勝利したのか、そしてその大きすぎる代償とは……!?


特集内には、こがしゅうと先生が九七式艦上攻撃機を描く「まけた側の良兵器集」も掲載。
(イラスト:こがしゅうと先生)

特集以外では、今回から新連載が開始!
イタリア軍研究家、吉川和篤先生執筆の「Benvenuti! 知られざるイタリア将兵録」です。
第一回では第一次大戦後、ローマから東京への長距離飛行を敢行したイタリアパイロットたちのエピソードを紹介します。


様々な困難を経て東京を目指したSVA9型多用途機
(イラスト:吉川和篤先生)

その他、連載も絶好調でお届けする「ミリタリー・クラシックス VOL.39」、2012年10月20日に発売です。
今号もどうぞよろしくお願いします!

Amazon.co.jp:MILITARY CLASSICS(ミリタリー・クラシックス)2012年12月号

  • MC☆あくしず編集部

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL