【新刊情報】『局地戦闘機「紫電改」完全ガイド』

  • 2010/01/27(水) 22:38:12

先日、運悪く終電を逃してしまい、やむなく市ヶ谷から板橋の自宅まで歩いて帰ったときのこと。
職質(職務質問)されました。
帰り道ではずっと、ヘッドフォンをしてPSPのゲームをプレイしていたのですが、後ろから2〜3度声をかけられても無視してズンズン歩いていってしまうので、不審者だと思われたようです。10分ほど詰問されたうえ、カバンの中まで見られる(幸いエロ本は入ってませんでしたが)という散々な目に遭いました。
ちなみに、そのとき夢中でプレイしていたのは『流行○神3』という、警視庁の警部補が主人公のゲームで、気分は完全に“正義の警察官”。間違っても不審者ではありません!

さて、その終電を逃して職質を受けた原因が、1月30日発売の『局地戦闘機「紫電改」完全ガイド』です。
この本は、日本海軍で零戦と並ぶ人気を誇る戦闘機「紫電改」を紹介するガイドブックです。



紫電改といえば、太平洋戦争末期に精鋭部隊 第三四三海軍航空隊(三四三空)に配備され、数に優る米軍機を相手に一矢を報いたことで有名です。海軍航空隊に最後の栄光をもたらした名機といえますね。

主な内容は、紫電改の戦闘シーンを再現したカラーイラスト、精密図面を駆使したメカニズム解説、三四三空の初陣となった松山上空邀撃戦、対B-29戦などの詳しい戦歴、個性あふれるメンツが揃った三四三空の人物評伝&人物相関図などなど。
このほか、ミリタリー・クラシックスで好評の「パイロットになってみよう」、空母「信濃」に紫電改が“艦上戦闘機”として搭載されて出撃していたら、という妄想ダダもれな仮想戦記などを収録しています。


佐竹政夫先生が描く紫電改の勇姿


紫電改の断め……じゃなくて、内部図解


ホリエカニコ先生による三四三空の人物相関図、「ミノルと愉快な仲間たち」も載ってるよ!
『萌えよ!戦車学校』の野上武志先生による、戦闘機擬人化娘もあるぞ。

さて、よく訓練されたミリクラ読者なら分かる通り、この本は『ミリタリー・クラシックス VOL.10』の特集内容を再構成したものです。ただ、改訂に加えて書き下ろし原稿も載っているので、(もはや市場に流通していない)ミリクラVOL.10を古本屋さんで買うよりも良いハズ!!
たとえるなら、この本とミリクラVOL.10は紫電と紫電改、いや強風と紫電改くらい違うぞ!!

書店で見かけたら、とりあえず手にとってみてくださいね。

Amazon.co.jp:局地戦闘機「紫電改」完全ガイド

  • MC☆あくしず編集部

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL