「GALES & GIRLS 藤沢孝アートワークス」、制作順調!

  • 2011/04/25(月) 19:36:53

こんにちは、ほむほむの火力は陸自の
何個連隊分に当たるんだろう…と夢想する編集部です。

いや〜、今期のアニメは豊作ぞろいなため、寝不足で仕事が手につきません。
特に関東の木曜深夜は地獄としかいいようがありませんな…。
その中でも一押しは「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」かな〜。
カイジ」は言うまでもないし。「TIGER&BUNNY」もいい腐オーラ出てるし。
STEINS;GATE」については原作プレイ派の私は
会社中でネタバレしたくて仕方ないですが、頑張って耐えています。
え?今日から「もしドラ」やんの?…もう許して…。


さて、MC☆あくしずでも告知してきた、藤沢孝先生の画集の書名が決定しました。
その名も「GALES & GIRLS 藤沢孝アートワークス」。
GALEは英語で「強い風」「疾風」という意味で、
表紙にもなっているあくしずでもおなじみのキャラ、
四式戦闘機「疾風」さんを彷彿とさせるタイトルです。




表紙はこんな感じ。疾風フォッケウルフFw190SM.79スパルヴィエロと、
日独伊の主力級の航空機が勢ぞろいとなっています。
明るい表情を見せる疾風さんの乳と尻と脇が眩しいですね…。

もう印刷所さんにデータを渡して順調に制作進行中ですが、
印刷・出版業界にとっての宿命の敵・ゴールデンウィークが
間に入ってしまうので、発売は5月下旬になる見通しです。
あと1カ月、ちょっとだけ待って下さいね!

  • MC☆あくしず編集部

「ミリタリー・クラシックス VOL.33」明日(21日)発売!

  • 2011/04/20(水) 22:38:43

ミリクラの最新号が明日、4月21日発売ですよ!
今回の特集は「戦艦ビスマルク級」。
奇しくも(?)、WWIIの戦艦を取り上げた「MC☆あくしず Vol.20」と同じ表紙となります。



両方とも戦艦ビスマルクを描いた表紙ですよ?

さて、ビスマルク級ですが、実はその評価が二転三転してきた戦艦でもあります。
当初は、
堅牢無比な重装甲のドイツ戦艦!
だったのですが、やがて、
第一次大戦期の戦艦に範を取った、時代遅れの防御様式を持つ艦
なんて言われるようになります。
その後、欧州各国の戦艦たちが、実際の性能はそれほどでもなかったことが判明し、
直接のライバル戦艦を性能的に凌駕する、欧州最強戦艦イマココ
ということになっています。

この辺の経緯も含め、ビスマルク級の“今”がばっちり分かる解説をご一読ください。
じじ先生によるビスマルクとかシャル&ゼナも登場する、はっちゃけ企画記事もあるよ!


第二特集は「マレー・シンガポール攻略戦」。
太平洋戦争の開始直後、日本軍はイギリス領のマレー半島とシンガポールを攻略し、
南方資源地帯への進出の足場とします。
その距離、1,100km。これがいかにスゴいことかというと……。

本誌の解説文中でも触れられているのですが、
タイ=英領マレー国境付近に上陸して、マレー半島を南下、シンガポールへ至る
というのは、日本列島にたとえると、
千葉の九十九里浜に上陸して東海道・山陽道を突破、下関から北九州へ上陸する
これにほぼ等しいのです。
しかも、進撃路はジャングルの間を通る一本道、英連邦軍も待ち構えています。
さらに与えられた時間は100日!

どうですか、この無理ゲー
そして日本軍は、みごと完遂していまうのです。
そこにはいかなる戦略・戦術があったのか……!?
日本・英連邦両軍の戦略・部隊編制、九七式中戦車をはじめとする両軍兵器、
マレー戦のあらまし(戦歴)、山下奉文中将など人物列伝など盛りだくさんでお送りします。

常に最大戦速の連載陣も絶好調!
今回も「ミリタリー・クラシックス」をよろしくお願いします!
Amazon.co.jp:MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス)2011年6月号

  • MC☆あくしず編集部