『螺旋人リアリズム ポケット画集』はホントにできています。

  • 2010/07/30(金) 19:14:41

こんにちは。
前回のエントリーで発売告知した『螺旋人リアリズム ポケット画集』ですが、
さんざん発売を延期したため、「本当にできたの?」とお疑いの向きもあるかと思います。
(無理もないことです)

というわけで、こちらが今日上がった見本誌を公開!


ドーーン
ちゃんとできています。『螺旋人リアリズム』は実体として存在します。
8月上旬には全国の(大きめの)本屋さんでお求めいただけるのです!
アマゾンでも予約が開始されました。
Amazon.co.jp:螺旋人リアリズム ポケット画集

アマゾンといえば、上の商品情報が登録された直後、
売上が伸びた本のランキングで『螺旋人リアリズム』が1位になりました。
ありがとうございます。
……といっても、これがどれだけ価値のあることなのか、よく分からないのですが。
でも、何にせよ一番はいいことです。ウラー!
なので、キャッシュを取ったりしてみました↓

(cache) Amazon.co.jp 本のヒット商品:Amazon.co.jpの売上ランキングで、過去24時間で最も売上が伸びた商品を紹介します。

  • MC☆あくしず編集部

新刊『螺旋人リアリズム』、もうすぐ発売!

  • 2010/07/26(月) 22:34:36



さて、予告通り、新刊情報をお届けします。
新刊は速水螺旋人氏の画集『螺旋人リアリズム ポケット画集』
(『放課後ワールドウォー 完全版』はもう少し待ってね!)

本書は「MC☆あくしず」連載「ロシア妄想主義概論」や『速水螺旋人の馬車馬大作戦』、『小説馬車馬戦記 ディエンビエンフー大作戦』(挿絵)でおなじみ、速水螺旋人氏の個人画集です。
速水氏が過去に発表したものを中心に自選した330点超のイラストを掲載しています。


本編はこんな感じで、基本的に1ページに1イラスト、
著者自身によるコメント付きで掲載します。


テーマはファンタジーやミリタリー、SFその他諸々と、それらがごった煮的になったもの。
まさしく速水螺旋人的な世界がページ毎に展開します。


速水氏も著者として参加したアジアンパンクTRPG『サタスペ』((C)河嶋陶一朗ほか/冒険企画局)のキャラクター、マリア・ヴィスコンティ。
他にも、氏のファンにはおなじみのキャラクターたちが多数登場します。


もちろん、本書のために描き下ろされたイラストもありますよ。


さらに描き下ろしのマンガ3編を収録。
(今のところ)『螺旋人リアリズム』でしか読めない、速水螺旋人氏のオリジナル・マンガです!

また、『1984年』(ジョージ・オーウェル)や『ストーカー』(ストルガツキー兄弟)など速水氏が強く影響を受けた本を紹介するブックレビューも掲載。
しめて320ページ超の大ボリュームとなっております。

『ポケット画集』の名の通り、サイズは小さめのB6判。
製本は仮フランス装という、ちょっと豪華な仕様です。

発売日は2010年8月上旬、価格は2,600円(税込)。
なお、本書の帯には『変ゼミ』『宇宙賃貸サルガッ荘』でおなじみのマンガ家、TAGRO氏による素敵な推薦文&イラストが付いてます!
ぜひ、本屋さんでお手にとってお確かめください。
よろしくお願いします!

追記
本書の刊行が予定より大幅に遅れましたこと、読者の皆様、関係者の皆様にお詫び申し上げます。

  • MC☆あくしず編集部

週明けに告知がありますよ〜

  • 2010/07/23(金) 22:00:26

こんばんは。
今日、イカロス出版は30周年の創立記念日でお休みです。
でも、もちろん編集部一同、出社しているわけですが。
ていうか、この会社に入って以来、創立記念日に休んだ記憶がない……。

そんなささくれ立った心を癒すべく、某デニーズへ行きました。



HTTも大好きなデザート食べたよ!
隣の編集部のEさんは食べて一言、
「軽音部っていうより、憂ちゃんの味がする」
……なに言ってるの、この人?

さて、週明け(26日)には新刊のお知らせをします。
お楽しみに!

  • MC☆あくしず編集部

「ミリタリー・クラシックス VOL.30」が出るよ!

  • 2010/07/16(金) 20:55:15



前回のエントリーはサッカーW杯の話題でしたが、それもとっくに終わってしまいましたね。
結局、日本はグループリーグ突破したのにイタリアがコケて、日伊対決はなりませんでした。
「ストライクウィッチーズ2」ではヴェネチア艦隊も頑張ってたのに……。
その、劇中に出てきたリットリオ級(ヴィットリオ・ヴェネト級)戦艦のことを知りたい人は、
イタリア軍を大特集した「MC☆あくしず Vol.17」を読んでください。

さて、来週21日(水)は「ミリタリー・クラシックス VOL.30」の発売日です。
今回のテーマは「零式艦上戦闘機」。みんな大好きゼロ戦ですよ〜。

いつものミリクラは第一特集と第二特集、2つのテーマを取り上げていますが、
今回は零戦を総力特集!ということで零戦のみを100ページ超の大ボリュームでお送りします。
ちなみに、今年は零戦の制式化70周年なんですよ。

巻頭カラーページでは、重慶上空での初陣から末期の特攻作戦まで、
日本海軍とともに戦い続けた零戦の名シーンを勇壮なタッチで描きます。
他にも、零戦のメカニックやその開発思想、各型(十二試艦戦から五四型/六四型まで全タイプ!)の違いなどを丁寧に解説。
名機・零戦だけに、戦歴やエースを含む関連人物もたっぷり掲載しました。

恒例の「○○○になってみよう」は大戦初期の零戦二一型と末期の五二丙型、2つをお送りします。
改良を経て飛行特性の変わった零戦の特徴が分かるはず。
こがしゅうと先生の描く零戦五二丙型、零夜戦が見られる「まけた側の良兵器集」も載ってるよ!

さらに、いつもの妄想企画も……。
大馬力「金星」エンジンに換装した零戦が活躍する(比較的まともな)仮想戦記に加え、
EXCEL先生が描く零戦解剖図や、
藤沢孝先生による三石零子センパイ(あくしずVol.3参照)登場のラノベなどが載ってます。
……あと、零戦の零の字にさんずいを付けてみたりとか。

無敵艦隊の連載陣は、
みんな大好きCOIN機を取り上げる「兵器進化論」
古村啓蔵大佐がコムル様になる「帝國軍人MMK」
伊軍ファンの心の支え、マイアーレ人間魚雷を扱う「Viva! 知れらざるイタリア軍」
オトポール事件で多数のユダヤ人を救った樋口季一郎中将がテーマの「ミリタリー人物列伝」
などなど、盛りだくさんとなっております!
ご期待ください。

というわけで、零戦特集の「ミリタリー・クラシックス VOL.30」をよろしくね!

Amazon.co.jp:MILITARY CLASSICS(ミリタリー・クラシックス)2010年09月号

  • MC☆あくしず編集部