新刊『空母「翔鶴」「瑞鶴」完全ガイド』が出るよ

  • 2009/10/28(水) 22:25:22

こんばんは。

先日、アキバにある某欧風ギルドレストランを打ち合わせで利用したんですが。
お酒のメニューに「白魔道士のカクテル」というのがあってですね。
コレって、メイドさんの母○が入ってるんじゃね? と編集部の面々は思い至りました。
なぜって、他のカクテルに比べて高かったんですよ。
だから、そういう特別なサービスがあるんじゃないかと……。
当日はなぜか注文しなかったのですが、やはり今週も行って確かめるしかないですね。

さて、今月31日に新刊『空母「翔鶴」「瑞鶴」完全ガイド』が発売されます。
この本は帝國海軍で最も活躍した空母にして、太平洋戦争のほぼすべての機動部隊決戦に参加した「翔鶴」「瑞鶴」の栄光を今に伝えるガイドブックです。



主な内容は、小松崎茂先生、上田毅八郎先生らの筆による迫力のカラーイラスト、精密CGによるメカニック解説、真珠湾攻撃からエンガノ岬沖海戦における「瑞鶴」の最期までの戦歴、発艦から着艦、格納といった一連の流れ――いわゆるデッキオペレーションをわかりやすく紹介した航空機運用術などなど。
このほか、もしミッドウェー海戦に「翔鶴」「瑞鶴」が参加していたら、というwktkな仮想戦記も収録しています。


上田毅八郎先生が描く「翔鶴」「瑞鶴」の勇姿!


艦艇CGの大御所、松野正樹先生の手による「翔鶴」艦橋!

「ミリタリー・クラシックス」や「MC☆あくしず」でおなじみの、こがしゅうと先生、吉原昌宏先生、有馬桓次郎先生らも参戦して賑やかな内容になっています。
本屋さんで見かけたらぜひ手にとって見てみてくださいね。


単行本『まけた側の良兵器集』も好調なこがしゅうと先生も参戦。
発艦や着艦の流れをわかりやすく解説だッッ!。

Amazon.co.jp:空母「翔鶴」「瑞鶴」完全ガイド

  • MC☆あくしず編集部

本日発売!「ミリタリー・クラシックス VOL.27」

  • 2009/10/22(木) 18:01:44



こんばんは。
本日10月21日は「ミリタリー・クラシックス VOL.27」の発売日ですよー。
今回の特集は「ドイツ駆逐戦車」「P-38ライトニング」となっております。

ドイツ駆逐戦車特集で取り上げるのは、エレファント(フェルディナント)、ヘッツァー、IV号駆逐戦車、ヤークトパンター、ヤークトティーガーといった装甲戦闘車両です。
いずれも車体からするとデカい砲を積んでいて、連合軍戦車相手に俺TUEEE的カツヤクをした(したかった)車両たちでした。
ヤークトパンターなんて、たった3両で英軍のチャーチル歩兵戦車11両を撃破するデビュー戦を飾っています。
ヤークトパンター側の損害は2両が損傷しただけで、しかも11両を撃破するのに要した時間はわずか2分。もはやアニメの世界ですね。
ちなみにこのデビュー戦は「コーモンの戦い」。コーモンなんてお下品です。

ともあれ、人気のヘッツァーをはじめとする駆逐戦車5種を、開発経緯やメカニズム、戦歴などから多角的に解説。
こがしゅうと先生のヘッツァーのイラストレイテッド&コミックもあるよ!



イラストはヘッツァーの痛戦車版(!)図面です。
おなじみ、じじ先生のシャル&ゼナイラストをヘッツァーの側面にあしらってみました。
ほら、ヘッツァーの側面は平らで、イラストとか描きやすそうじゃないですか……。
……もちろん、ちゃんとしたヘッツァーほか駆逐戦車の図面も載ってるよ!

もうひとつの特集は米陸軍の戦闘機P-38。
双発単座・双テイルブームというユニークな形状ながら、他の機種(P-39とかP-40とかP-47とかP-51とか)と伍して米陸軍航空軍を支えた戦闘機です。
ヨーロッパ、太平洋戦線いずれでも貢献した機体で、太平洋方面では我らが山本五十六連合艦隊長官機を撃墜した仇敵でもありますね。
そんなにっくきP-38ですが、よくよく見れば魅力的な機体でもあります。
特異な形状となるに至った経緯とか、実は不具合やら欠点が多かったりとか……ソツがないP-51ムスタングなんかより、よっぽど人間味ある飛行機だと思います。
悪魔っ娘なのにね!

あと、やはり米軍機ではずせないのがアメリカンなノーズアートですね。
ミリクラではいつも小松崎茂先生によるとじ込みポスターが付いていますが、今回は豪華リバーシブル仕様!
裏面はP-38J“ヴァージニア・マリー”のノーズアートを現代風に翻案したピンナップです。



イラストはあくしずでもおなじみの藤沢孝先生。特集とあわせてお楽しみください。

連載「Viva! 知られざるイタリア軍」では、イタリア空軍の爆撃王ジュゼッペ・チェンニ少佐を取り上げます。
戦闘機パイロットから爆撃機乗りに転身し、スツーカ(ドイツから購入)やRe2002戦闘爆撃機を駆って、数々の爆撃作戦に従事しました。
某パンツじゃないアニメの小説版に登場したキャラ“ジュゼッピーナ・チュインニ”の元ネタだったりしますよ。

ヒサクニヒコ先生の「マンガ戦車戦史」はついに西方電撃戦を開始!
ドイツ装甲部隊がオランダ・ベルギー・フランスへなだれ込みます。

「陸海軍航空隊 蒼天録」は海軍の樫村寛一三空曹。
空戦中、乗機の九六式一号艦戦がヘッドオンで敵機に激突、片翼をもがれながらも無事帰還したというエピソードを紹介します。
これもアニメみたいなお話ですねぇ〜。

今回で20回目を数えるホリエカニコ先生の連載「帝國軍人MMK」も絶好調。
たばこ増税など無縁の有賀艦長&森下参謀長による小芝居が冴えわたります。

というわけで、今回も「ミリタリー・クラシックス」をよろしくお願いします!

Amazon.co.jp:MILITARY CLASSICS(ミリタリー・クラシックス)2009年12月号

  • MC☆あくしず編集部

イカロスくん

  • 2009/10/16(金) 18:13:46

こんにちは、ラブプラス派とドリームクラブ派とアイマスDS派とグランドセフトオート派に
分かれて血で血を洗う抗争中のあくしず編集部です。

さて、秋の新作アニメがいろいろと始まりましたが、
超夜型のあくしず編集部+となりの編集部のEさん軍団では10数本見てまして、
とある科学の超電磁砲とか聖剣の刀鍛冶とかミラクル☆トレインとかそらのおとしものとか君に届けとか真・恋姫†無双とかホワイトアルバム2期とかささめきこととかけんぷファーとかにゃんこい!とかキディガーランドとかDTB2期とか生徒会の一存とかアスラクライン2期などの感想を毎朝の編集会議でレポートにして提出するのが日課になっています(うそ)。

そんな中でも一番の話題になっているのが「そらのおとしもの」。
ヒロインの名前が弊社と同じ「イカロス」ということで、
会社で徹夜仕事の合間に全裸で見ているのですが、前回の放映では
パンツが群れをなして渡り鳥のように飛んでいくトンデモ映像が出てきて大爆笑。
しかも成層圏でパンツに追い越されるSR-71まで出てきちゃって、
航空機ファンの人もドびっくりしたかもしれません(墜落したハインドとかも出てきた)。
あ〜あ、わが社のエンブレムのイカロス君

ピンク髪巨乳天使にすれば良かったのにぃ〜!
と思う今日この頃ですが、皆さんの胸には何が残ったでしょうか?

そらのおとしもの公式サイト



話は変わりますが、MC☆あくしずでも「空軍大戦略ふぁいてぃんぐうぃんぐす」を
好評連載中の松田未来先生が、富士見書房さんの「月刊ドラゴンエイジ」で
新連載「天空少女騎士団〜プリンセス・エア・アームズ〜」を
開始されたということで、見本誌をいただきました!




舞台はドイツ、イタリア、スイスに囲まれた小国、マリーエンエーエ公国。
戦闘機に乗って公国の空を守る、お姫様と美少女6人たちがこの物語の主役です。
登場する戦闘機は川崎キ-28、フォッカーD21、フィアットCR32、
ポリカルポフI-16、モラン・ソルニエMS406、グラマンF3F
など、
さすが飛行機通の松田先生といえる、マニアックな面々となっています。
ドラゴンエイジ11月号は絶賛発売中なので、
萌え+戦闘機ファンはぜひ松田先生の新連載をご覧あれ!




ドラゴンエイジ公式サイト

  • MC☆あくしず編集部